ABOUT

「香辛料のダイアモンド」アンコールペッパー|株式会社 FOREST JAPAN
「香辛料のダイアモンド」アンコールペッパー|株式会社 FOREST JAPAN

今、私が考える、私がすべきこと。 カンボジアに、2008年、年末から2回にわたり100日以上行かせてもらい、様々な考え方を体験させてもらえました。 国として、国民として上を向いて歩いていく、幸せになる、という信念は、程度の差があるにせよ、日本、オーストラリア、カンボジアに限らず、どの国にも共通している信念であるということを、理解しました。何が幸せか、不幸か、ひとりひとりで異なること。日本人の勝手な思い込みが 多く存在していることも理解しました。 我々日本人が勝手に、不憫であると考えるのは、カンボジアの人々にとっては、余計なお世話である。しかし、いただけるものは頂いておく、という単純な感情であることを理解しました。GIVEから、MAKEに変換し、共存、共栄していくことが、重要であるという認識は、30代以下の人々の共通認識であることも理解しました。 彼らのチャンスがあれば、やりたいという切なる思いも理解しました。カンボジアの常識の範囲内、狭い視野でしか物事を考えられない彼らがいることも理解しました。 カンボジア人が、一番大切にしている言葉は、正直、誠実。虐殺、裏切りの過去から学び、誠実さ、正直さが、一番大切と理解した。カンボジア人の方々は年齢を問わず、日本人は誠実であると認識してくれている。その上で、我々、私がすべきことは・・・。誠実な、言動を行い、カンボジアの方々と共に成長していきたい。今後、50年、100年と継続していけること。 私がこの期間で接しさせていただいた組織は、るしな・こみゅにけーしょん・やぽねしあ、ハートオブゴールド睦日本語教室JBEC、BECC、 岡山学芸館高等学校、プラファミリーです。 この全ての組織が、行ってきたこと、行っていこうとしていることを、総合的に感じてみて、今、私の立ち位置で、行えることは、子供達の憧れのカンボジア青年と 経済的豊かさを求め、共に成長し、共に成功者となっていくこと、ということです。 具体的には、日本語学校の檜尾先生の初代の卒業生であるプラ君のチームを、現時点での子供達の憧れであるツアーガイドから、もう少し上の世界であり、 そして、カンボジアの伝統文化を、海外に伝え、国内に再認識させて、愛国心を育てることの出来る会社の設立であります。 株式会社 FOREST JAPAN 〒701-2224 岡山県赤磐市西窪田720−1 TEL : 086-238-3199 FAX : 086-957-3582 店舗運営責任者 : 森 雄次郎(株式会社 FOREST JAPAN) 店舗連絡先 : shopmaster@angkorpepper.net 【営業日について】 ネットでの注文は24時間受け付けております! 店舗へのお問合せにつきましては、下記の時間帯にお願いします。 平日 10:00~16:00 ※土・日・祝祭日はお休みをいただいております。